コラム

TOP > コラム > 作ってみた > 加硫工程って何?

加硫工程って何?

「つくってみた」のコーナー!

今回はゴムの製造工程において欠かせない
「加硫」(かりゅうと読みます)について説明します!

原料となるゴムを各種薬品と混ぜ合わせただけでは、
まだゴム弾性(ゴムらしい性質:前回参照)は発揮されません。

この状態のゴムは配合ゴムあるいは未加硫ゴムと呼ばれ、
力を加えても変形したまま元に戻らず、引っ張ればすぐに千切れてしまいます。

この未加硫ゴムに熱を加えると、混合した薬品が化学反応を起こします。

すると!!

ゴムの高分子同士が結びつき、ゴム弾性を示すようになります。

この化学反応を起こす工程こそが「加硫」なのです。

皆さんが普段接するゴム製品も、基本的にはこの加硫後の状態のものであり、
ゴムに優れた性能を持たせるために欠かせない重要な役割を持っています!

COLUMN興和ゴム採用情報

君もゴムの世界に飛び出してみないか?

興和ゴム工業に集う人たちが、「この会社にはいってよかった!」「この仕事についてよかった!」と言える会社にしたい。
たった一回の人生。その人生の大半の時間を過ごす企業生活の場を、悔いのない、充実したものにしたい。
我社でどんどんチャレンジをしてください。失敗も評価します。人は失敗の中からしか学べませんし、失敗はやる気に正比例するからです。この会社を通して自分を成長させてほしい。そんな熱い仲間を待っています。

ゴムの世界に飛び出してみる

お問い合わせ

興和ゴム工業株式会社へのお問い合わせや、弊社製品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
3営業日を目安に、担当者よりご連絡をいたします。

tel.026-245-1280(代表)